So-net無料ブログ作成

浴室換気扇の掃除 [方法]

浴室換気扇の掃除をしたことがある方は、割と少ないのかもしれません。

お風呂の掃除と言うと、浴槽や天井、壁、カビ取りなどが注目されますが、
浴室換気扇も、きちんと掃除をして置かないと、故障しやすくなります。

浴室換気扇の掃除は、手の届く範囲だけ行います。
DIYに自信のある方なら、ファンを外して掃除することができるかもしれませんが、
外せないものもあるようなので、換気扇のふたを開け、手の届く範囲の汚れを落とします。

浴室換気扇は、キッチンの換気扇とは違い、油汚れがないため、
汚れがポロポロと落ちてきます。

掃除を始める前に、浴室換気扇の下に、新聞紙を敷くなどして
汚れが広がることを防ぎましょう。

最初に、換気扇の電源を切り、汚れ防止の新聞紙を敷き、換気扇のふたを外します。

換気扇のふたは、フタの両端にバネがついているもの、ふたの中央にバネがついているもの、
フタの中央がねじ止めされているもの、フタの四隅がねじ止めされているものなど、様々です。

できれば、説明書を読んでから、外すようにしましょう。

ふたを外した後は、爪楊枝や竹串、歯ブラシやサッシ用の小さいブラシなどで、
ファンの汚れを落とします。

ブラシで落ちない部分には、竹串に薄いタオルを巻きつけて、こすり落とします。
ブラシや竹串、爪楊枝などを使用するときに、強く押すと、ファンの重心がずれることがあるため、
できるだけ、そっと作業を行うようにしましょう。

ファンの掃除が終わったら、周囲のほこりも拭き取り、換気扇のふたを戻します。
ふたを戻した後は、必ず電源を入れ、換気扇の動作確認を行いましょう。

浴室換気扇は、お風呂の掃除の中でも忘れられがちな場所で、
汚れが溜まっていることも少なくありません。

浴室換気扇の音が大きくなったと言う場合には、掃除をしたほうがいいかもしれませんね。
今年は、お風呂の大掃除に、浴室換気扇の掃除も加えてみましょう。
高所作業になるので、危険防止のため、足場の確保はお忘れなく。

共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。